青汁材料,青汁効果

青汁に使われている主な野菜 ① ケール

ケールは、日本では馴染みの薄い野菜ですが、主にヨーロッパ方面で食べられている野菜です。
アブラナ科の野菜であり、日本で知られているアブラナ科はキャベツやブロッコリーがあります。
キャベツやブロッコリーと同じ分類の野菜ですが、含まれている栄養素はとても多くスーパー野菜と言われています。
1つ1つの栄養素の含有量が非常に多く、カリウム、マグネシウム、トリウム等、とても多く含まれております。

ケールの優れているポイントは
・ビタミンAが豊富で、視力回復やドライアイ、胃腸の粘膜を正常化してくれる。
・美肌効果が高く、シミやニキビの改善や防止効果がある。
・抗酸化作用が高く、血行を良くし細胞の老化防止に効果があり、動脈硬化などの深刻な病気への予防効果がある。
・冷え性に効果がある。
・更年期障害の改善に効果がある。
・食物繊維が豊富で、腸内環境を整えて便通を正常化させてくれる。
・がんの予防に効果かある。

青汁に使われている主な野菜 ② 大麦若葉

大麦若葉といえば、高い栄養価を含んでいると話題の野菜です。
まだ若い、成長段階の穀物の大麦を収穫した物です。
味がキツめのケールとは違い、味に癖が無く美味しく摂取出来るという事で、青汁に配合されている事が多くなりました。
元気に生きていく上で必要な、鉄分や亜鉛、カルシウム、ミネラル等が豊富にバランスよく配合されております。

大麦若葉の優れているポイントは
・ビタミンCが豊富に含まれているので、ビタミンB類やコラーゲンの生成を促してくれます。骨や皮膚が丈夫になるので、元気な美肌になる事が出来ます。
・βカロテンが豊富に含まれているので、免疫力が田中ってウイルスなどから守る事が出来ます。
・抗酸化作用のあるSOD酵素と言われる成分が豊富で、動脈硬化や高血圧、糖尿病などの生活習慣を予防する事が出来ます。SOD酵素は一般的な食事から摂取するのは、難しいと言われています。青汁などからしか摂取出来ないと言われています。
・肌の新陳代謝が良くなるので、肌トラブルを回避させる事が出来ます。

青汁に使われている主な野菜 ③ 明日葉

ケールの栄養価が豊富と記載しましたが、この明日葉も物凄く栄養価が高い野菜です。
明日葉は強靭な生命力を持っており、積んだ翌日にはすぐに新しい目が出ている程。
この強靭な生命力が、体に大きな栄養を与えてくれます。

明日葉の優れているポイントは
・カルコンが豊富なので、抗菌作用や抗酸化作用、胃酸の分泌を抑えてくれます。明日葉の茎や根の部分を切った時に出る、粘り強い液体がカルコンです。
・血液をサラサラにし、血液の粘度や血栓が出来るのを抑える作用があります。
・生活習慣病の予防が出来、アンチエイジングに繋がる。
・クマリンという成分が、活性酸素の生成を抑えたり、抗菌作用、美肌効果を発揮してくれます。
・カリウムが豊富に含まれているので、むくみや余分な老廃物の排出を促してくれる。
・セルライトの除去やダイエット効果があり。
・食物繊維が豊富なので、お通じが良くなる。
・βカロテンが豊富なので、粘膜を正常にしドライアイを防止する。
・ビタミンB2が豊富なので、余分な脂肪を分解してエネルギーに変えてくれます。動脈硬化や、肥満防止にも効果的です。

青汁に使われている主な野菜 ④ 熊笹

熊笹は、非常に豊富な栄養素が配合されている、体にとても良い野菜です。
北海道の山にしか咲いておらず、自然の山々でミネラル豊富に育っているせいか、非常に多くの栄養素を含んでいます。

熊笹の優れているポイントは
・クロロフィルという成分が、血中のコレステロールの抑制に役立ってくれます。悪玉コレステロールと善玉コレステロールのバランスを整えてくれるので、血栓を予防する事が出来ます
・胃腸を整えて、腸に溜まった毒素を排出してくれます。腸を健康な状態にまで治してくれるので、その効果はまるでお薬のようです。
・細胞膜を強化してくれるので、免疫機能が上がり、アトピーや花粉症などの独特のアレルギー体質を改善してくれます。
・発がん性物質を抑制してくれます。
・口臭や体臭を抑える効果があり。

様々な青汁の野菜ですが、とても素晴らしい効果ばかりを担った野菜ばかりです。
青汁が何故良いのかが、理解できますよね